物理
「キッテル 固体物理学入門 第8版 ハートカバー版」

基泰尔固体物理导论第八版,日语翻译版

  • 作者Charles Kittel (原著), 宇野 良清 (翻訳), 新関 駒二郎 (翻訳), 山下 次郎 (翻訳), 津屋 昇 (翻訳), 森田 章 (翻訳)
  • 出版社丸善
  • 发行日期2005/12/1

书籍简介

固体物理学の初等的教科書の最新改訂版である。金属や半導体、完全結晶の性質だけに偏らず、固体物理全般を網羅し、物理的基礎を押えつつ実用的にも役立つように配慮している。シュレーディンガー方程式の初等的な取り扱いだけを予備知識として、初等的基礎理論と単純なモデルから広範な実験事実を説明し、豊富な例を述べている。第8版では、新しい進展を随所に取り入れるとともに、ナノ構造の章を加え、また、章の順序を入れ替えて発展の著しい超伝導と磁性体を早い段階で学習するように改められている。本書は、これまで翻訳版で2分冊としていた内容を、原著と同様に1巻にまとめたものである。

著者略歴

キッテル,チャールズ
M.I.T.とケンブリッジ大学のキャヴェンディシュ研究所で物理学の学部教育を受け、ヴィスコンシン大学からPh.Dを授与された。バーディーン、ショックレイといっしょにベル研究所の固体物理グループで研究した後、1951年に固体物理学理論グループを発足させるべくバークレイに移った。彼の研究は大部分磁性と半導体の分野であった。磁性分野では強磁性および反強磁性共鳴の理論と単一強磁性磁区の理論を発展させ、マグノンのブロッホ理論を拡張した。半導体物理学分野では、最初のサイクロトロン共鳴とプラズマ共鳴の実験に参画し、また不純物状態の理論と電子‐ホール液滴の結果を拡張した。彼は3回のGuggenheim奨学金と固体物理学に対するOliver Buckley賞を授与され、また、教育への貢献に対してアメリカ物理学教員協会のOerstedメダルを授与された。彼は全米科学アカデミーおよびアメリカ科学技術アカデミーの会員である

宇野 良清
日本大学名誉教授。理学博士

津屋 昇
東北大学名誉教授。理学博士

新関 駒二郎
東北大学大学院理学研究科教授。理学博士

森田 章
東北大学名誉教授。理学博士

相关书籍

「考える力学」
力学院试对策书,简单易懂
「理論電磁気学」
电磁学参考书,院试对策
「演習 熱力学・統計力学」
熱力学・統計力学问题集,院试对策书
「詳解物理応用数学演習」
物理学科相关数学问题集,院试对策书
「詳解力学演習」
经典力学问题集,院试对策书

暂无评论

暂无评论...