商学
「流通論入門」

流通論入門書

  • 作者小西 一彦,成田 景堯,秦 小紅
  • 出版社株式会社五絃舎
  • 发行日期2019/3/25

书籍简介

本書は流通論の入門書であり、流通論について、基礎理論から現時的課題までを、わかりやすく、事例なども含めて解説。大学で流通論を履修する初学者から、小売・流通関係への就職を検討している学生、さらに社会に出て流通関係の仕事に携わっているビジネス・パーソンにいたるまで、一読をお勧めていたいます。

流通はわれわれの生活と深く関わっている。それにもかかわらず、生産や消費と比べて、流通の中身があまり知られていない。本書は事例および最新の統計データを用い、流通を体系的かつわかりやすく説明していく。流通論、商業論、マーケティング論の扱う範囲の違いから、流通の歴史的変遷や流通機能、商業の存立基盤、小売業、卸売業の機能、形態、構造変化、そして、生産者、消費者と流通との関係の順で、「流通とは何か」を紐解いていく。

著者略歴

小西 一彦

兵庫県立大学名誉教授

成田 景堯
2008年3月明治大学大学院商学研究科博士前期課程修了。2014年3月明治大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得満期退学。2015年4月松山大学経営学部講師。2018年4月松山大学経営学部准教授。専攻は商業経営、流通、小売国際化

秦 小紅
2013年3月明治大学大学院商学研究科博士前期課程修了。2018年3月明治大学大学院経営学研究科博士後期課程修了、博士(経営学)。2018年4月東海学園大学経営学部助教。専攻は流通、商業経営、小売国際化(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

相关书籍

暂无评论

暂无评论...