商学
「商学への招待 」

商学入門書

  • 作者石原 武政,忽那 憲治
  • 出版社有斐閣
  • 发行日期2013/8/31

书籍简介

ようこそ 商学の世界へ
商学とは一体どのような学問なのでしょうか? ─商学部に入ったばかりの方や在籍している方にとって道案内として必携の入門書がいよいよ登場します。各テーマを第一人者が生き生きと興味深く説き明かし,商学を学ぶことの楽しさと醍醐味を実感できる1冊です。

商学の考え方をユニークに手ほどき。初学者に必要かつ十分な事項を厳選。会社・金融の制度からeコマースまでを網羅的に取り上げ、各領域の重要概念を盛り込んでいる。身近なトピックスを使ってリアルに説明。取引、循環、リスクといったキー概念を軸にすえて、全体にわたって平明に解説。関連する重要テーマやトピックスをコラムとして設け、章末に「次に読むべき本」として参考文献を用意した。

目次

序 章 取引循環およびとリスク─「商」を学ぶ意味《石原武政》

第1部 事業を営むための仕組み─事業主体はどのように生まれるのか
 第1章 会社という制度─会社とは何だろうか《清水 剛》
 第2章 競争と経営─市場競争にさらされる中で経営者の役割とは何か《清水 剛》
 第3章 資金と債権の管理─どのようにしてお金を管理するのか《清水泰洋》
第2部 事業を支える仕組み─どのようなシステムに支えられているのか
 第4章 貨幣という制度─お金とは何だろうか《忽那憲治》
 第5章 金融という制度─金融の役割とは何だろうか《忽那憲治》
 第6章 証券市場という制度─証券市場の役割とは何だろうか《忽那憲治》
 第7章 損失金融のための制度─どのようにしてリスクを移転してきたか,これからどのようにリスクをマネジメントするのか《米山高生》
 第8章 取引制度の意味─どのような役割を担っているのか《加藤篤史》
第3部 市場が広がった背景─どのようにしてマーケットは拡張してきたのか
 第9章 取引の信頼性の確保─どのように品質を保証し,価値を高めるのか《石原武政》
 第10章 市場の拡大─市場はどのように成立し,どのような役割を果たしたのか《石原武政》
 第11章 ロジスティクスの展開─物流の役割はどのように変化したのか《村上英樹》
 第12章 国際取引のひろがり─どのような仕組みで成り立っているのか《木山 実》
 第13章 eコマースによる拡大─どのような世界が待ち受けるのか《西川英彦》
終 章 改めて商学の意義を考える《石原武政》

著者略歴

石原 武政
流通科学大学商学部特別教授、大阪市立大学名誉教授(専攻:商業論、流通政策論)

忽那 憲治
神戸大学大学院経営学研究科教授(専攻:アントレプレナー・ファイナンス、アントレプレナーシップ)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

相关书籍

暂无评论

暂无评论...